ハイローラー・VIP向けカジノ情報

目次

横澤真人はどのような人物であるか?

横澤 真人

横澤真人氏は、1992年に神奈川県横浜市で生まれた、若手のプロポーカープレイヤーですが、現在はプロギャンブラーとして以外にも会社経営も行っている実業家として活動をしています。

幼少期からパソコンを触る機会が多かったことからも、頭脳明晰として学校にはなかなか通わず自宅で過ごすことが多い幼少期だったそうです。

高校生のころから、インターネットを使ったビジネスを展開しており、その時代から商才に長けており、実際に収入を上げるなどと実業家の片りんを見せており、ゲームの腕前もあり、オンラインゲームでは日本ランキング6位といった実績も残していました。

大学生になると、立教大学経済学部に進学し、当時から起業を目指しており、後にWeb広告会社を立ち上げると従業員数10人ながらも月の売り上げは1000万円を超す成績を残すなどと豪華な生活をしていました。

ポーカーとの出会いのきっかけは

プロポーカープレイヤーとして活躍をする横澤真人氏が、いつポーカーと出会ったかというと、21歳の時に友人の誘いからポーカーの世界へ踏み出し、毎月200時間以上をポーカーに費やすなどとすぐにはまるなどと、自身でもこのゲームに出会うために生きてきたというほど運命的な出会いをしたといっています。

わずか4カ月でJapanPokerTourで3位の成績を残すなどと、当初から才能を発揮すると、会社の経営を兄弟に任せ、自身は世界を飛び回りプロポーカープレイヤーとして活動するようになりました。

現在でも、国内の賞金ランキングは20位以内にはランクインしているなどと、現在でも実力も折り紙付きとなっています。

横澤真人氏は、プロギャンブラーとしても若い年齢であり、会社経営も行っているなどと商才に長けている人物でしょう。

ポーカーとの出会いは運命的と発言するほど、きっかけ一つでも人生は大きく変わると理解することができるでしょう。

現在では、Youtuberとしても活動しているため、興味のある方は1度ご覧になってみてください。

和田史久について

和田史久さんは日本人で初めてカジノ経営のオーナーになった人物です。
カンボジアにあるカジノホテルのオーナーになります。
このカンボジアは、世界で4位の売上を誇るカジノ大国となっています。

オーナーである和田史久さんはカジノで大繁盛をしており、なんと1日に2億円を稼いだという驚愕的な金額を儲けています。年商にすると720億円と、カジノ業界で大きな稼ぎを見せています。

和田史久さんは普通の人をはるかに超える強運の持ち主です。
日本人でもトップクラスの高額金を賭けるハイローラーのVIPのプレーヤーで、1回のゲームで数億の掛け金を収めています。
そんな、大金を賭けているにもかかわらず、20年間ずっとカジノで負けを知らずに勝利を手にしています。

和田史久さんは1回のプレイにつき、30億円の金額を儲けた話があります。
今まで彼が勝利金を得た金額は合計数百億円だと言われています。

和田史久の今までの経歴

和田史久さんは現在10社以上の会社を経営しています。
そのオーナーを務めている人物になります。

和田史久さんは大学を出た後にすでに3億円の資金を持っておりました。

大学卒業後、彼は警察官として働きますが、地元の地主に気に入られており、その地主から6億で6千坪の土地を購入できる話を持ち掛けられ、その土地を買ったところ土地の値段が30億円で売却が決まることになり彼に大きな儲けがでました。

そして、その資金で不動産業を始めました。
その時はバブル時代だったので、不動産のビジネス業に大きな成功を収めます。

しかし、バブル崩壊後は700億円の借金を抱え込むことになりました。
だが、現在はその負債も何とか自身の運の強さが功を奏し、乗り切ることができました。

和田史久のギャンブル性について

和田史久さんは20年間ずっとカジノで勝利を手にしたのは、カジノで敗北があったとしても勝利するまでストップすることはないと信念として貫き通しているからだと言われます。

勝つまで絶対に負けないと言うその忍耐力があれば、最後はどんな気持ちになろうと勝利を収めることができると彼は確信しています。

彼の運の強さもありますが、ただその運を持つだけではなく、それをしっかりと有効活用しながらカジノで勝利するという思い込みも必要です。

どんなに負けの流れが来ようとも、そんな場面の中で必ずいい運が回ってきます。
運を最強にさせるために強い信念と忍耐力と思い込みがあれば、長く続けていると必ずギャンブルで勝利を獲得することができます。

 

森巣博のギャンブル人生

森巣博

森巣博は高校卒業後、雑誌の編集者の職務についておりました。

1971年にヒッピーに憧れの念が生まれ、競輪場で儲けた金額で海外に渡ります。
一回日本に戻りますが、1975年頃にまた渡米してロンドンに渡りました。

ロンドンでギャンブルをして「常人」を目指すように試みます。
しかし、この頃の森巣博には妻と子供がいて、我が子にいじめがあったりその時のサッチャー政権に嫌気があり考えた結果、ロンドンからオーストラリアへ移り住みます。

移住した後は、大学へ行っている妻をサポートするため、家の家事をほとんどこなしていました。
そして、息子は15歳で大学に入学、19歳でケンブリッジ大学大学院に進学をして、さらにヘッジファンドにスカウトがきて現在そこで働いています。

そして今もなお、森巣博はオーストラリアでギャンブラーとして生計を立てています。
このギャンブラー生活は20年ほど続いており、カジノで年間なんと約1000万円を勝利金として収めています。

森巣博のプレイスタイル

森巣博が得意としていたカジノゲームは「パイガオ」というバカラゲームです。
そして1994年には、全豪牌九選手権者の称号を手に入れています。

バカラやパイガオはブラックジャックなどのカジノとは別物で、理論的に考えても勝ち目の見えないゲームで知られています。

長期に渡る時間と回数を重ねれば重なるほどプレイヤーの方が負けて、カジノ側が勝利を収めるというシステムになってます。

そんなカジノゲームを何十年も続けて勝利を手にしているので、森巣博はよほどのギャンブル力と運を持っている人間には間違いありません。
森巣博がギャンブル業界から称賛を浴びる理由がここにあります。

森巣博の名言

森巣博はギャンブルを通していろんな名言を残しております。

「博奕は波である。流れである。」
これは、賭けるゆえに我ありという意味が込められています。

勝利した後、すぐに撤退することがいかに重要なのかを伝えています。
また、ギャンブルにおいての流れを読むことをいかに大切なことなのかも示しております。

その波を読むには、今までの経験から培われた「形の記憶」をたどることが重要だと言われます。
その感覚により生み出されたものを、いかにギャンブルで勝利を収めることができるのかが大切だと言います。

そしてもう一つの名言は
「どこかで、躓(つまず)く。そして、いったん躓くと、もう制御が利かなくなって、そのまま一直線に落ちた。いつもそうである。」

これは「ばくち打ち」という本で、森巣博が言い残した言葉です。
1つ間違いを犯してしまうと、その間違いを取り戻そうとした結果、その理論が崩れ落ちて最終的に負けに繋がってしまうという意味が込められています。

ギャンブルにおいてどんなに些細な間違いでも、後でそれが負けの螺旋階段に陥ってしまうという厳しめのメッセージが書き残されています。

柏木昭男という人物

柏木昭男

柏木昭男さんは1990年1月にオーストラリア北部のダーウィンに4日間滞在して、その時にカジノに行ってバカラをしたところ、なんと約29億円を手にしたという記録が残されています。

その時にウォーリアー=「戦士」という意味でニックネームが付けられ、ギャンブル業界で世界的に一気に有名になりました。

ドナルド・トランプとの出会い

毎月のように海外のカジノに訪れていた柏木さんは、基本的にVIPの扱いを受けています。
なので、宿泊費や渡航費や食事代も全部カジノ側が負担してくれました。

オーストラリアで29億円を稼いだその1か月後に、ドナルド・トランプと出会うことになります。
現在はアメリカを代表する大統領ですが、当時のトランプ氏はアメリカの不動産王でアトランティック・シティに「トランプ・カジノ」というカジノを所持していました。

その時に柏木昭男さんのギャンブル力について耳にしたトランプ氏は、彼をカジノに誘って柏木さんから大金を儲けようと企みます。

1990年2月、柏木さんはトランプ・カジノでバカラに勝負を挑みました。
そして、柏木さんは9億円以上の金額を勝利におさめました。

トランプ氏は大金を稼ごうと思ったのにもかかわらず、逆に大損失を食らってしまいます。
その時のトランプ氏は負けたことを根に持っており、その大金を取り戻すべくまた柏木さんをトランプ・カジノに誘い出します。

そして、柏木さんはまたバカラで勝負をして、約10億円を稼ぎました。
しかし、柏木さんはたまたま負けたのかそれとも相手に気を使ったのか、最後は約12億円の損失が出ました。

次の日に「ウォールストリート・ジャーナル」という新聞に「世界で最も派手なギャンブラー」という見出しで、柏木さんのことについて紹介されました。さらに英国新聞にも掲載された模様です。

世界的に有名なギャンブラーとして名をとどろかした柏木さん。
しかし、彼の身にとんでもない悲劇が待ち受けていました。

有名になって約1年半年後、1992年1月3日に柏木さんは柏木家の台所で体の十数か所をナイフのようなもので刺されていた状態で遺体が発見されて死亡に至りました。

柏木の死について

この不可解な死については柏木さんがトランプ・カジノで負けた金額を支払わなかったので、返済を求めるためにトランプ氏が手下を送り込んだとか、別のカジノランドの借金がきっかけでオーストラリアのマフィアに殺害されたという噂が広まりました。

また、あまりにも急な死だったので、柏木さんがラスベガスで負債した5億円の金額を支払わずにこの世を去ったので、ヒルトンカジノの店長は今頃、顔面蒼白になっているという噂もたちました。

もともと、柏木さんは脅しや嫌がらせを使った手法でビジネス展開をしていた人間なので、そのことで柏木さんを恨む人間も少なくなかったみたいです。

だが、犯人がトランプ氏が送り込んだ手下なら、借金返済のために殺す・・・という手段は選ばないと思われます。死んでしまったら借金の返済ができなくなるので、その可能性は極めて低いと感じられます。

世界には、ギャンブルだけで高額のお金を稼いでいる人物が多く存在しており、中でも高額ベットをする人間達をハイローラーと呼びます。

日本でも、カジノで活躍をするハイローラーは存在しており、今回は新井乃武喜について紹介をしていきます。

新井乃武喜とはどのような人物か?

新井乃武喜
新井氏は、1971年に生まれ、大学を卒業後に2年間の修行を経てブラックジャックでの必勝法を会得し、プロギャンブラーとして有名になりました。

世界のカジノを多く回り、15年間の期間を勝ち続けたといった逸話もあり、ギャンブルによって得たお金で82か国を旅して回るなどと生粋のギャンブラーでもあります。

新井氏は、ブラックジャックを自身の天職として、プロギャンブラーとしての魅力や経験というものを多くの人間に発信をし続けています。

新井乃武喜がブラックジャックを進める理由とは?

新井氏は、ギャンブルの中でもブラックジャックを進めており、自身もブラックジャックにおいて多くの賞金を獲得したといわれております。

新井氏の考え方の1つとして、ポーカーと比較をしてみると、ポーカーの場合には確実性はあまりなく、運に左右されることが多い点もあることから、毎日の仕事として行うのには向いていないといった持論を発信しています。

ブラックジャックは、元々プレイヤー側が有利な点も多いことからも、あまりにも1つのカジノで勝ち続けてしまうとゲームをプレイさせてもらえなくなるといった経験から、世界を旅して様々なカジノを渡り歩くといった方法を用いて、多くの国で賞金を獲得してきました。

新井氏は、プロギャンブラーを1つの職業として考え、仕事を選ぶにおいても選択肢の1つとしても良いものだといった持論も展開しており、自身の将来像を見据えることが重要として、様々な内容を考慮した上で自身はブラックジャックを稼ぎの種としました。

一概にプロギャンブラーとしても、向いているゲームなどをしっかりと見極めることが重要ということも論しています。

新井氏は、様々な視点からギャンブルを捉えており、独自の世界観を持っていながらも成果を残している数少ない人物です。

多くの取材を受けていることからも、一度記事を見てみると新たな発見もあるかもしれませんね。

今回は、ドン・ジョンソンがどのような人物であるのかについて紹介をしていきます。

ドン・ジョンソンとはどのような人物か?

ドン・ジョンソン

ドン・ジョンソン氏は、1949年12月15日にアメリカ合衆国のミズーリ州フラット・クリークに生まれました。

カンザス大学在学中からロックバンドとして活動していながらも、大学卒業後には演劇の世界に進み1960年代には映画デビューを果たすなどと俳優業として人気を集めました。

後に、学生時代にやっていたバンド活動の経験を活かし、自らもシンガーとしてデビューすると全米ナンバー1のヒット曲をリリースするなどどアーティストとしての一面も持っています。

そんなアメリカ合衆国の大スターでありながらも、ギャンブラーとしても優秀な実績を残してきた人物でもあります。

ドン・ジョンソンは頭脳派ギャンブラー

ドン・ジョンソン氏は、ブラックジャックとポーカーのプレイヤーとして多くのカジノでプレイをしていましたが、勝率も良くギャンブラーとしても一流の腕を持っているといわれています。

ドン・ジョンソン氏は、ギャンブラーとしても一流の腕を持ちながらも特質すべき点は交渉力であるといわれています。

ゲームをプレイする際に、独自のルールをカジノ側に提案をし通常とは異なるルールでのプレイによって半年で16億円を稼いだといわれております。

元来、カジノ側に特別なルールを提案するということは、いかにカジノ側に有利な条件を提示しない限りは承認されることはないものの、ドン・ジョンソン氏は自身の交渉力によって様々なルールを追加することによってカジノ側に悟られず自分に有利なルールに持って行ったことからも、少し特殊な頭脳派ギャンブラーとして有名になりました。

元々俳優業ということもあり、臨機応変な対応は得意分野でもあるのかと思えますね。

ドン・ジョンソン氏について紹介をしましたが、ハイローラーの中でも中々いない頭脳派としても有名なことを紹介できたと思います。

ギャンブルは運の要素も強いですが、頭脳を介入することによって少しでも勝率を上げれる可能性があるのであれば応用していきたい点でもありますね。

世界各国のハイローラーの中のハイローラーでもあるホエールに関してリサーチをすると、スルタンというワードが出てくることが多いと思います。

果たしてスルタンというのはどのような意味なのか?人物としているのか?について紹介をしていきます。

スルタンとはどのような意味?人物の名前?

それでは早速、スルタンとはどのような意味なのかを紹介していくと、スルタンはイスラム世界における君主号という意味であり、人物の名称ではありません。

アラビア語で権力者といった意味を持ち、イスラム世界の王といった意味として捉えるとわかりやすいでしょう。

スルタン制の国としては、現在では2か国のみとなっておりオマーン国、ブルネイ・ダルサラーム国が今でもスルタン制となっており、それぞれに国王がいます。

国としてのスルタン制は2か国のみとはなっているものの、マレーシアにおいては国家内でスルタン制を用いていることからも、7の地域にてスルタンが権力を有しています。

しかし、スルタンとハイローラーにどのような繋がりがあるのかを聞かれるとイマイチ理解できない部分も多いと思います。

次に、スルタンとハイローラーの関係性について紹介をしていきます。

スルタンとハイローラーの関係性

スルタンは、2か国の中においての国王と同じ位を持つ人物であることを紹介しましたが、必然的にスルタンであれば財力も資産も豊富なものでもあります。

オマーン国では、ハイサム・ビン・ターリク・アール=サイード氏がスルタンとして君主していますが、ブルネイ国ではハッサナル・ボルキアという人物がスルタンとして国を統治しています。

このブルネイ国のハッサナル・ボルキアという人物がハイローラーとして世界的に有名な人物でもあるのです。

ブルネイ国の国王でありながらも、カジノに出向く機会があるときには高額のベットでゲームを楽しんでいることもあり、日本では天皇などがカジノで遊んでいると同じような捉え方ができるなどと不思議な感覚となっていますね。

スルタンというのは国王と同じ意味合いを持ち、人物の名称ではないという紹介をしました。

海外では国王もカジノで遊んでいるなどと、日本では中々考えられないですが世界的にカジノというのは人気であることがわかったと思います。

世界には多くのハイローラーと呼ばれる人物がいますが、アドナン・カショギも世界的に有名なハイローラーです。

アドナン・ハーショグジーという名もある人物でもありますが、今回はカジノ界においてアドナン・カショギ氏はどのような人物なのかを紹介していきます。

アドナン・カショギとはどのような人物か?

アドナン・カショギ

アドナン・カショギ氏は、1935年7月25日にスペインのイベリア半島で生まれ、父ムハンマド・カショギがサウジアラビア初代国王の侍医だったこともありサウジアラビアに移住し生活をしていました。

後に、大学進学のためにエジプトへと渡りビクトリア大学で学んだあとにサウジアラビアに帰国し貿易会社の経営を行います。

以降はサウジアラビアの武器商人として、貿易関係商社のトライアドの会長兼代表取締役の肩書も持ち、巨万の富を築き上げました。

カジノ界でもハイローラーとして有名

武器商人として、巨万の富を築き上げたアドナン・カショギは、カジノ界においても有名であり、主にブラックジャックとバカラを好んで遊んでいたとされています。

ロンドンのカジノに訪れた際には、毎回ブラックジャックとバカラでハイローラーとしてプレイをしており、その度に数億円のお金が動いていたとされています。

ハイローラーとして勝負をすることからも勝つときには大勝するため、ヒルトンインターナショナルの売り上げ業績が10%以上も下がるといった伝説を残すなどとカジノ界においても大きな爪痕を残しています。

もちろん大敗を喫することもあり、最大で3カ月の負け額として14億円近く負けたともいわれており、勝ち負け両方において豪快な勝負をするのが特徴だったといわれています。

残念ならが2017年に、持病であるパーキンソン病によって亡くなりましたがアドナン・カジョギ氏が残した伝説は今後も語り継がれるでしょう。

武器商人として各国を渡り歩く機会も多かったこともあり、多くのカジノを訪れていたともいわれております。

高額の勝負ばかりと、生粋のギャンブラーであったと予想することができますね。

大勝もでき、大負けもするギャンブルの醍醐味を数多く実感した人物だといえるでしょう。

カジノ業界の中でも、高額ベットで勝負する人間をハイローラーと呼びますが、ハイローラーの中でもさらにトップクラスのハイローラーはクジラに見立てられ、ハイローラーホエールと呼ばれます。

今回紹介する、テレンス・ワタナベ氏もハイローラーホエールとして様々な伝説を残してきています。

今回は、テレンス・ワタナベ氏がどのような伝説を残してきたのかについて紹介をしていきます。

テレンス・ワタナベはどのような人物か?

テレンス・ワタナベ

写真から見てもわかるように、テレンス・ワタナベ氏は日系アメリカ人としてアメリカを拠点に事業を経営していました。

おもちゃの輸入販売社の経営をしており、20歳のときに父が設立、経営していた事業を引き継ぐと最高責任者として事業を拡大していき、2000年になるころには日本円で約265億円の利益を上げる大企業に成長させるなどとマネジメント能力や経営力に非常に長けていたことが見て取れます。

自身が経営していた企業は、ロサンゼルスの企業に売却し、様々な団体に寄付や支援金を送ったりなどと資産を社会貢献に利用したりなどと名声に関しても多くの支持を得ている人物でありました。

しかし、プライベートでは中々充実した日々は送ることはできず、結婚相手にも恵まれなかったことからカジノにのめり込んでいきます。

これが後に有名となるきっかけとなります。

テレンス・ワタナベ氏は、ラスベガスのカジノに出入りをするようになり、長い時は24時間カジノにいるなどと1日で最高負け額として4億4000万円にも上ったりなどとカジノ側からは太客として好待遇を受けておりました。

積もり積もった負け額は1年間で112億にも上ったりなどと、一気に人生が急転落するはめにもなってしまい、現在では借金に追われて裁判中といった結果になっています。

大企業の最高責任者という立場であったのにも関わらず、カジノにのめり込んでしまったことにより多額の借金を背負ってしまうなどと、賭け方によっては破産する可能性もあるのがカジノです。

自分に合ったベット額で遊ぶのが一番良いといえる見本ともいえるでしょう。

チャールズ・バークレーとはどのような人物か?

チャールズ・バークレー

チャールズ・バークレー氏は、1963年2月20日にアメリカ合衆国のアラバマ州リーズにて生まれ、学生時代にバスケットボールの才能が開花し注目の選手として取り上げられるようになりました。

以降は順調にプロの世界へと進み、1993年にはMVPを獲得、1992年と1996年にはオリンピックにアメリカ合衆国代表として金メダルを獲得しているなどとバスケットボールの実績も輝かしいものとなっています。

そんなチャールズ・バークレー氏ですが、大のギャンブル好きといった面もあります。

チャールズ・バークレー氏のギャンブル投資額

カジノでも有名な人物といえば、数時間で大きな利益を出した人間や、独自の攻略法などを用いた人物が取り上げられることが多いですが、チャールズ・バークレー氏は別の意味でカジノ界から注目を集めています。

先に、結論を上げるとチャールズ・バークレー氏はカジノで高額勝利したという記録はありません。

では、なぜ有名なのかというと今までギャンブルにつぎ込んだお金は約10億円以上ともいわれているからです。

バスケットボール選手としても実績を残したことからも、多くの資産を所有しているとはいえ考えられない金額ですね。

過去にはESPNのインタビューにて6時間で約2億5000万円の賭けをしたこともあると公表しています。

これほどのハイローラーであれば、カジノ界では有名な人物といわれるのも納得でしょう。

元プロバスケットボール選手でありながらも、高額のベットでカジノを楽しんでいるというのは少し意外と思って人も多いと思います。

海外のバスケットボール選手にはギャンブル好きが多いということもあり、今のスター選手も、実はギャンブル好きというニュースなどが流れるかもしれませんね。

カジノの中でも人気のゲームとしてポーカーがありますが、プロポーカーとして活動しているハイローラー・ホエールも存在します。

それがこちらのフィル・アイビー氏であり、カジノでも多くの賞金を獲得している人物となっていますが、今回はこのフィル・アイビー氏がどのような人物であるかを紹介していきます。

フィル・アイビーはどのような人物か?

フィル・アイビー

フィル・アイビー氏は、主にポーカーで勝負をするハイローラーではあるものの、バカラなどのトランプゲームも多く楽しむハイローラーとして有名な人物であり、かなりのギャンブル好きとしても有名です。

もちろん、実績も充実しており、かなりの賞金を稼いできたともいわれていますがカジノの賞金を巡ってのトラブルもあるなどとカジノ界を騒がせた人物でもあります。

ボルガータ事件

フィル・アイビー氏というと、ボルガータ事件について取り上げられることが多いです。

このボルガータ事件と呼ばれているものは、2012年にアトランンティックシティのボルガータカジノで発生した事件となっており、フィル・アイビー氏が友人とプレイしたゲームに関して発生した事件となっています。

この日、フィル・アイビー氏は友人とカジノに現れると、得意のポーカーではなく運に左右されることが多いバカラをプレイしました。

結果、日本円で約10億円の利益を出し、さらにその資金を元手にクラップスにおいても約5500万円の利益を出すなどと大勝利をおさめ、生粋のギャンブラーといった印象を与えましたが、実はこのプレイにおいてエッジソーティングが行われていたことが判明しました。

エッジソーティングとは、同じトランプのカードであっても微妙な違いを見つけ、数字を把握してしまうといったテクニックであり、フィル・アイビー氏には裏側のカードであっても中の数字を読み取ることができていたということになっています。

裏向きのカードの数字を把握することができればゲームを非常に優位に進めることができますよね。

この件に関し、ボルガータ側は賞金の返済、差し押さえ、カード会社を訴えるといった事件に発展をしました。

不正によって大金を得たにしても、フィル・アイビー氏の観察眼、洞察力というものは流石であり、プロポーカープレイヤーとしても納得の技術といえますね。

今回紹介するのは、オーストラリアのメディア王とも呼ばれているケリー・パッカー氏です。

ハイローラーとして世界中のカジノでも有名な人物でもありますが、どのような人物であるのかについて紹介をしていきます。

ケリー・パッカーとはどのような人物か

ケリー・パッカー

ケリー・パッカー氏は、1937年12月17日にオーストラリアニューサウスウェールズ州シドニーにて生まれ、オーストラリアでは屈指の大富豪ともいわれております。

フルネームは、ケリー・フランシス・バルモア・パッカーであり、オーストラリアのカジノ王として知られるジェームズパッカーの父親となっています。

祖父が新聞発行会社を営んでおり、ケリ・パッカー氏の父親が祖父の新聞会社を引き継ぐと同様に、ケリー・パッカー氏も父親から新聞会社を引き継ぎオーストラリアのメディア王として様々な情報を発信しており、テレビ局のチャンネル9ネットワークや、新聞等情報誌であるACPをを活動の主体としております。

息子がオーストラリアのカジノ王ということもあり、父親でもあるケリー・パッカー氏もカジノで楽しむことも多く、クラウンバース・クラウンメルボルンなどの豪華カジノリゾートホテルのオーナーでもあります。

ケリー・パッカーの伝説

ケリー・パッカーは、カジノにおいてハイローラー・ホエールと称されることが多いですが、その名の通り高額のベットで勝負する人物でもありギャンブルの怪人とまでいわれています。

中でも伝説として残されている逸話があり、ラスベガスのカジノにおいて、90分間ブラックジャックをプレイして日本円にして36億円の勝利をしたという伝説が残されています。

わずか90分の間で、これほどの利益を残すことは中々なく、ベット額の高額さがこのことからも読み取れるでしょう。

この時の戦法が、ブラックジャックで多く利用されるベーシックストラテジーを完全に無視した戦法で勝ったということもあり、博徒としての実力も見せた瞬間でした。

ケリー・パッカー氏について紹介をしましたがいかがだったでしょうか?

クジラ中のクジラともいわれている人物でもあり、ハイローラーの歴史上でも名前を残す人物でもあるでしょう。

高額のベットで勝負する人間をハイローラーと呼びますが、日本人でも高額のベットでカジノを楽しんでいる人も多くいます。

今回は、バカラの帝王と呼ばれた井川意高に関して紹介をしていきます。

井川意高とはどのような人物であるか?

井川意高

カジノの遊び方として、高額ベットで勝負をするハイローラーと呼ばれる人たちがいますが、井川氏も日本人では珍しいハイローラーとして世界中のカジノでプレイをしていました。

元々は、ティッシュペーパーでも有名なエリエールの製造会社である大王製紙の元会長という肩書を持つ実業家として日本でも著名人として活動をしていましたがカジノでのハイローラーがきっかけで後に大王製紙事件として有罪判決を受けています。

井川氏は世界中のカジノにて、VIP席でバカラをよくプレイしていたともいわれており、世界的にもカジノ業界で有名な人物でもありました。

大王製紙事件とは?

井川氏といえば大王製紙事件とされるほどの事件を起こしておりますが、その内容としては、マカオでのバカラにおいて巨額の借金を背負うはめとなった後に、借金返済をする目的と、負債を減らすための元金として大王製紙の子会社7社から約106億円を個人の借金として着服し、特別背任容疑として東京地方検察庁によって捜査が開始されたことから始まりました。

更に、井川氏は個人的に借金をしていた大王製紙子会社7社から告発を受け、家宅捜索をはじめ、2011年11月21日に東京地検特捜部に逮捕されました。

現在では刑期が満了したことにより釈放されましたが、今ではカジノでの豪遊というのは行っていないという情報があり、テレビ出演なども果たしています。

ハイローラーは巨額の借金を背負うことも

井川氏を例にすると、カジノにおいて総額106億円の借金を背負うなどと非常に危険性を秘めております。

井川氏の場合には、最初に背負った借金を負債するためにも新たに借金をしてカジノでプレイしていたことからもより高額な借金を背負ってしまいましたが、このような可能性というものは誰しもあるといえます。

引き際がいかに大切かというのを教えてくれた人といえるでしょう。

井川意高氏に関して紹介をしましたが、高額ベットは高額配当を手にするチャンスと同時に高額な借金を背負うリスクもあります。

引き際を見極めて勝負をしたいですね。

今回紹介する人物は、ブルネイ国王のハッサナル・ボルキア氏です。

ブルネイにおいて長き間国王として強大な権限を有している人物でもありますが、カジノの世界でも名の通っている人物でもあります。

ハッサナル・ボルキアはカジノ界でも有名

スルタンとハイローラー

ハッサナル・ボルキアは、ブルネイ国の国王として1967年から在位しており、国内では絶対君主ともいわれるほどの権力を有している国王でもあり、自身の資産に関しても2008年にはアメリカの経済紙で紹介された個人資産が200億ドルを超えていると報じられたりと莫大な資産を所有しています。

多くの資産を持っていることからも外遊に関しても豪快であり、自身の趣味でもある自動車のコレクターをはじめとし、高級車であるメルセデス・ベンツやフェラーリ、ベントレー、BMWなどの高級車を複数台所有していることでも有名です。

また、大のカジノ好きということもあり、ベット額に関しても豊富な資産からかなり高額のベットによるプレイをしていることでも有名です。

中でも、ハッサナル・ボルキア氏の伝説ともいわれているのがラスベガスでのルーレットであり、ルーレットのすべてのテーブルにおいて22万ドルのベットをしたという伝説が残されています。

22万ドルを日本円に換算すると、当時では約2500万円相当となっており日本では家が一軒購入できるほどの金額で遊んでいたということになります。

本場のカジノで、それほどの高額の勝負をするということからもかなりのギャンブラーということがわかりますね。

1967年から2020年の現在までの長い期間も国王として在位していることからも、資産は今後も尽きることなく、また新たな伝説を残していくと予想できるでしょう。

ハッサナル・ボルキア氏は、ブルネイ国の国王という立場でありながらもラスベガスのカジノで高額ベットの勝負をしていたりなどということに驚きを感じている人も多いと思います。

国王でありながらもカジノで楽しんでいるということは、意外と世界には多くの国王がカジノで遊んでいるのかもしれませんね。

今回は、伝説のギャンブラー「アーチー・カラス」について述べさせていただきます。

ギャンブラー「アーチー・カラス」について

アーチー・カラス

アーチー・カラスはギャンブルに関して、正当な思考力・覚悟・忍耐などが兼ね備えられています。
そして、ギャンブルについて勉強や研究することによって、大きな大金を手にすることができました。

ギャンブル業界の発展に基づき、彼は努力を重ねに重ねて、バカラやポーカー、ブラックジャックといったギャンブルでその遊びのテクニックについて詳しく学んでいきました。

アーチー・カラスの生涯

アーチー・カラスは1992年に50ドル(日本円で言うと、約5,000円)という少ない金額を手にして、ラスベガスまで車で走行しました。
カリフォルニア州からラスベガスまでの距離を車で走って、ギャンブル業界へ突入します。

ラスベガスに向かっている途中に、ところどころにあったカジノに入店して、各カジノゲームの賞金を手にしています。冷静な判断力と度胸が功を奏し、着々と資金を稼いでいきました。

なんと、ラスベガスに着いた時には、彼はすでに1万ドル(約100万円)を稼ぐことに成功しました。
元々50ドルという少ない資金から、これだけ稼ぐことができた彼のギャンブル力は非常に素晴らしいものがあります。

彼自身もギャンブルでこれだけの結果を残しているので、ラスベガスでもカジノに勝算が必ずあるという自信がありました。

そして、ラスベガスのカジノに行った矢先に、すぐにバカラやポーカーなどをプレイ。
さまざまなカジノゲームで勝利を重ねて、3年後にはなんと資金が4000万ドル(約40億円)稼ぐことに成功しました。

しかし、勝利し過ぎることが仇となり、カジノ業界からはブラックリストに入れられることになりました。そして、アーチー・カラスはラスベガスにあるすべてのカジノゲームを生涯禁止されることになりました。

アーチー・カラスのギャンブルを目にした人の証言

アーチー・カラスのカジノプレイを観戦した人はこう証言しています。

「とにかく賭ける金額が大きかった。まるでできるだけ早く全てのお金を失って、この街とおさらばしたいような、本当にそんな印象を受けるほど、ハイスピードで大きい金額を賭けていたんだ。あんなギャンブラーはもう2度とお目にかかれないだろうね」と述べていた。

見ている人からしたら、一戦一戦がまるで一か八かのような賭け方をしているように感じたことが分かります。

それぐらいアーチー・カラスは、カジノの勝算に自信があったことには間違いなかったと感じます。
ギャンブルをすべて学び、カジノの経験値が高いからこそ、彼にしかできないなせる技だと思いました。

 

おすすめ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…

ピックアップ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…
ページ上部へ戻る