テレンス・ワタナベ

カジノ業界の中でも、高額ベットで勝負する人間をハイローラーと呼びますが、ハイローラーの中でもさらにトップクラスのハイローラーはクジラに見立てられ、ハイローラーホエールと呼ばれます。

今回紹介する、テレンス・ワタナベ氏もハイローラーホエールとして様々な伝説を残してきています。

今回は、テレンス・ワタナベ氏がどのような伝説を残してきたのかについて紹介をしていきます。

テレンス・ワタナベはどのような人物か?

写真から見てもわかるように、テレンス・ワタナベ氏は日系アメリカ人としてアメリカを拠点に事業を経営していました。

おもちゃの輸入販売社の経営をしており、20歳のときに父が設立、経営していた事業を引き継ぐと最高責任者として事業を拡大していき、2000年になるころには日本円で約265億円の利益を上げる大企業に成長させるなどとマネジメント能力や経営力に非常に長けていたことが見て取れます。

自身が経営していた企業は、ロサンゼルスの企業に売却し、様々な団体に寄付や支援金を送ったりなどと資産を社会貢献に利用したりなどと名声に関しても多くの支持を得ている人物でありました。

しかし、プライベートでは中々充実した日々は送ることはできず、結婚相手にも恵まれなかったことからカジノにのめり込んでいきます。

これが後に有名となるきっかけとなります。

テレンス・ワタナベ氏は、ラスベガスのカジノに出入りをするようになり、長い時は24時間カジノにいるなどと1日で最高負け額として4億4000万円にも上ったりなどとカジノ側からは太客として好待遇を受けておりました。

積もり積もった負け額は1年間で112億にも上ったりなどと、一気に人生が急転落するはめにもなってしまい、現在では借金に追われて裁判中といった結果になっています。

まとめ

大企業の最高責任者という立場であったのにも関わらず、カジノにのめり込んでしまったことにより多額の借金を背負ってしまうなどと、賭け方によっては破産する可能性もあるのがカジノです。

自分に合ったベット額で遊ぶのが一番良いといえる見本ともいえるでしょう。

本場のディーラーと対戦するにはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インターカジノ

    2021-3-7

    インターカジノのサポート体制は?

    オンラインカジノで遊ぶ際に、トラブルもなく遊べることが一番ですが何もなく遊ぶことができるということは…

おすすめ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…

ページ上部へ戻る