スポーツベットアイオーの入金ツールと入金限度額

スポーツベットアイオー

オンラインカジノにスポーツベットアイオーがありますが、元々はブックメーカーとしてスタートしました。

ブックメーカーだけに、ベットしながら競馬の生中継が視聴できます。

そのスポーツベットアイオーに入金できるツールには以下があります。

・クレジットカード:VISA、MasterCard
・電子決済サービス:ecoPayz、Much Better
・仮想通貨:ビットコイン、リップル、トロン、イーサリアム、ライトコイン、テザー、オールスポーツコイン
・銀行振込:Sumo Pay

入金ツールごとの最低入金額と入金限度額

入金ツールごとの1回の入金における最低入金額と入金限度額は以下になります(左:最低入金額、右:入金限度額)

・VISA:1,000円/1,300,000円
・MasterCard:1,000円/1,300,000円
・ecoPayz:2,500円/2,500,000円
・Much Better:1,000円/1,300,000円
・ビットコイン:1mBTC(約6,000円)/無制限
・Sumo Pay:5,000円/2,000,001円

スポーツベットアイオーの入金限度額はどのツールにおいても、オンライン業界の中でトップランクに位置しています。

なお、オンラインカジノでは通常、口座のアカウントやプレイに使う通貨が米ドルになっています。

ところが、スポーツベットアイオーではアカウント及びプレイできる通貨として、米ドルの他に、日本円、ユーロ、仮想通貨があります。

従って、入出金において為替手数料を取られずに済みます

入金ツールごとの手数料

入金ツールごとの手数料は以下になります。

・VISA:1.95%
・MasterCard:1.95%
・ecoPayz:1.5%
・Much Better:無料
・ビットコイン:無料
・Sumo Pay:無料

クレジットカードの入金手数料を無料としているオンラインカジノが多い中で、スポーツベットアイオーの1.95%の手数料はデメリットと言えます。

また、ecoPayzに関しても、ほとんどのオンラインカジノで手数料が無料なのに、1.5%の手数料は弱点と言わざるを得ません。

入金の条件面だけを見ると、手数料が無料で、入金上限額が無制限になっている仮想通貨が一番理想的と言えます。

ただ、仮想通貨は為替相場の変動が激しく、価格が暴落する可能性があるため、カジノで儲けたお金が消滅するということが起こりえます。

まとめ

スポーツベットアイオーは各ツールの入金限度額が高額というメリットがあります。

ただ、他のオンラインカジノが無料としている入金手数料が有料になっており、その点がネックになっています。

スポーツベットアイオー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インターカジノ

    2021-3-7

    インターカジノのサポート体制は?

    オンラインカジノで遊ぶ際に、トラブルもなく遊べることが一番ですが何もなく遊ぶことができるということは…

おすすめ記事

  1. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  2. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…
  3. ライブカジノハウス
    今回、ライブカジノハウスは違法性が高いのかどうか調査してきました! ライブカジノハウスの違法性…

ページ上部へ戻る