フィル・アイビー

カジノの中でも人気のゲームとしてポーカーがありますが、プロポーカーとして活動しているハイローラー・ホエールも存在します。

それがこちらのフィル・アイビー氏であり、カジノでも多くの賞金を獲得している人物となっていますが、今回はこのフィル・アイビー氏がどのような人物であるかを紹介していきます。

フィル・アイビーはどのような人物か?

フィル・アイビー氏は、主にポーカーで勝負をするハイローラーではあるものの、バカラなどのトランプゲームも多く楽しむハイローラーとして有名な人物であり、かなりのギャンブル好きとしても有名です。

もちろん、実績も充実しており、かなりの賞金を稼いできたともいわれていますがカジノの賞金を巡ってのトラブルもあるなどとカジノ界を騒がせた人物でもあります。

ボルガータ事件

フィル・アイビー氏というと、ボルガータ事件について取り上げられることが多いです。

このボルガータ事件と呼ばれているものは、2012年にアトランンティックシティのボルガータカジノで発生した事件となっており、フィル・アイビー氏が友人とプレイしたゲームに関して発生した事件となっています。

この日、フィル・アイビー氏は友人とカジノに現れると、得意のポーカーではなく運に左右されることが多いバカラをプレイしました。

結果、日本円で約10億円の利益を出し、さらにその資金を元手にクラップスにおいても約5500万円の利益を出すなどと大勝利をおさめ、生粋のギャンブラーといった印象を与えましたが、実はこのプレイにおいてエッジソーティングが行われていたことが判明しました。

エッジソーティングとは、同じトランプのカードであっても微妙な違いを見つけ、数字を把握してしまうといったテクニックであり、フィル・アイビー氏には裏側のカードであっても中の数字を読み取ることができていたということになっています。

裏向きのカードの数字を把握することができればゲームを非常に優位に進めることができますよね。

この件に関し、ボルガータ側は賞金の返済、差し押さえ、カード会社を訴えるといった事件に発展をしました。

まとめ

不正によって大金を得たにしても、フィル・アイビー氏の観察眼、洞察力というものは流石であり、プロポーカープレイヤーとしても納得の技術といえますね。

本場のディーラーと対戦するにはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インターカジノ

    2021-3-7

    インターカジノのサポート体制は?

    オンラインカジノで遊ぶ際に、トラブルもなく遊べることが一番ですが何もなく遊ぶことができるということは…

おすすめ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…

ページ上部へ戻る