オンラインカジノの運営システム

オンラインカジノ

最近、ネット上で利用されることの多くなったゲームに「オンラインカジノ」があります。

オンラインカジノはその名の通り、オンライン(ネット上)で遊べるカジノのことです。

パソコンやスマホ、タブレットなどのネットにつながる端末さえあれば、24時間365日いつでも好きな時に好きな場所でテーブルゲームやスロットなどをプレイできます。

いわば、マカオやラスベガスなどにあるランドカジノのインターネット版と言えます。

 

オンラインカジノのシステム

オンラインカジノは以下の3つの業者・団体の連携によって運営されています。

1)オンラインカジノの運営業者
2)ゲームを提供するプロバイダ
3)第三者の監査機関

1)オンラインカジノの運営業者
オンラインカジノの運営業者は口座登録したプレイヤーから入金された資金を管理します。

プレイヤーから出金依頼があった時は依頼に基づいて出金処理し、さらにサイトの維持やプレイヤーのサポートも行います。

ちなみに、オンラインカジノが独自にゲームを作っているわけではなく、プロバイダから提供されたゲームをサイトに立ち上げています。

 

2)ゲームを提供するプロバイダ
ゲームを提供するプロバイダとは、ルーレットやブラックジャック、スロットなど、オンラインカジノでプレイするゲームを開発している業者のことです。

プロバイダが各オンラインカジノにゲームを供給しています。

 

有名なゲームプロバイダには以下などがあります。

・PlayTech(プレイテック)
・Microgaming(マイクロゲーミング)
・NETENT(ネットエント)
・Evolution Gaming(エボリューションゲーミング)
・Play’n Go(プレインゴー)

3)第三者の監査機関
第三者の監査機関とは、プロバイダの開発したゲームに不正が無いか、適切な払戻率(ペイアウト率)に設定されているかなどをチェックしている組織のことです。

また、ゲームの信頼性だけではなく、オンラインカジノ運営業者の財務や経営状態を監査する機関もあります。

 

監査機関には以下などがあります。

・eCOGRA
・GLI
・PWC

オンラインカジノの遊び方

オンラインカジノでプレイするには、まずはじめにどこかのオンラインカジノに口座を設けます。

そして、その口座にクレジットカードや電子決済サービスなどを使って資金を入金します。

後は、資金をゲームにベットし、勝利金が貯まったら出金申請して回収します。

 

まとめ

オンラインカジノは各運営業者が勝手に事業を展開しているのではなく、三位一体の構造になっています。

その体制が構築されていることで、安全、適正な運営が保証されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インターカジノ

    2021-3-7

    インターカジノのサポート体制は?

    オンラインカジノで遊ぶ際に、トラブルもなく遊べることが一番ですが何もなく遊ぶことができるということは…

おすすめ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…

ページ上部へ戻る