井川意高とはどのような人物か?

井川意高

高額のベットで勝負する人間をハイローラーと呼びますが、日本人でも高額のベットでカジノを楽しんでいる人も多くいます。

今回は、バカラの帝王と呼ばれた井川意高に関して紹介をしていきます。

井川意高とはどのような人物であるか?

カジノの遊び方として、高額ベットで勝負をするハイローラーと呼ばれる人たちがいますが、井川氏も日本人では珍しいハイローラーとして世界中のカジノでプレイをしていました。

元々は、ティッシュペーパーでも有名なエリエールの製造会社である大王製紙の元会長という肩書を持つ実業家として日本でも著名人として活動をしていましたがカジノでのハイローラーがきっかけで後に大王製紙事件として有罪判決を受けています。

井川氏は世界中のカジノにて、VIP席でバカラをよくプレイしていたともいわれており、世界的にもカジノ業界で有名な人物でもありました。

大王製紙事件とは?

井川氏といえば大王製紙事件とされるほどの事件を起こしておりますが、その内容としては、マカオでのバカラにおいて巨額の借金を背負うはめとなった後に、借金返済をする目的と、負債を減らすための元金として大王製紙の子会社7社から約106億円を個人の借金として着服し、特別背任容疑として東京地方検察庁によって捜査が開始されたことから始まりました。

更に、井川氏は個人的に借金をしていた大王製紙子会社7社から告発を受け、家宅捜索をはじめ、2011年11月21日に東京地検特捜部に逮捕されました。

現在では刑期が満了したことにより釈放されましたが、今ではカジノでの豪遊というのは行っていないという情報があり、テレビ出演なども果たしています。

ハイローラーは巨額の借金を背負うことも

井川氏を例にすると、カジノにおいて総額106億円の借金を背負うなどと非常に危険性を秘めております。

井川氏の場合には、最初に背負った借金を負債するためにも新たに借金をしてカジノでプレイしていたことからもより高額な借金を背負ってしまいましたが、このような可能性というものは誰しもあるといえます。

引き際がいかに大切かというのを教えてくれた人といえるでしょう。

まとめ

井川意高氏に関して紹介をしましたが、高額ベットは高額配当を手にするチャンスと同時に高額な借金を背負うリスクもあります。

引き際を見極めて勝負をしたいですね。

本場のディーラーと対戦するにはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インターカジノ

    2021-3-7

    インターカジノのサポート体制は?

    オンラインカジノで遊ぶ際に、トラブルもなく遊べることが一番ですが何もなく遊ぶことができるということは…

おすすめ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…

ページ上部へ戻る