【ギャンボラ】オンラインカジノは危険?その違法性は?

ギャンボラ

コロナウイルス拡大の影響で、自宅にいる時間が増え、「オンラインカジノ」に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

始めてオンラインカジノを利用する際に心配なのが、法律に触れるのかどうかです。

今回は、近年人気急上昇中の「ギャンボラ」にスポットを当て、その信頼について見ていきましょう。

ギャンボラとは

ギャンボラとは、2019年にGlitnor Services Limitedによって運営が開始されたオンラインカジノです。

1300種類以上のゲームが揃い、初心者でも気軽に始めることが可能です。業界唯一のリベートシステム「ギャンボラプラス」が人気のオンラインカジノとなっています。

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノを利用する上で一番気になるのが、オンラインカジノは違法であるかどうかだと思います。

結論、オンラインカジノは違法でないと明言する事はできません。なぜなら、オンラインカジノは日本の法律では明確に規定がされていないからです。

実際のカジノであれば、賭博罪という明確な法律によって利用者を罪に問う事ができますが、オンライン上でのカジノ利用に関しては現在明確な法律はありません。

賭博罪とは

では賭博罪とはどのような場合に適用されるのでしょうか。

賭博罪とは日本国内において賭博を行った場合に適用される法律です。つまり、ラスベガスなどのカジノが合法となっている海外で日本人がカジノを利用する事には何の問題もありません。

オンライン上の場合、企業やサーバーは海外にあるため利用者が日本でプレーした場合に違法になるのかどうかは法律に明記されておらず、非常にあいまいな議論しかなされていません。

ギャンボラのライセンス

では、ギャンボラを利用することは危険なのでしょうか。

答えはNOです。ギャンボラはMGAというライセンスを取得したうえで営業を行っています。

MGAとはマルタ共和国が発行する、オンラインカジノを運営するために必要なライセンスのことを意味します。

オンラインカジノを運営するためには公式なライセンスを取得することが必要ですが、中でもマルタのライセンスは世界一厳しい基準を採用しているため、ギャンボラを運営するGlitnor Services Limitedは信頼のおける企業であると言って間違いないでしょう。

また、日本語にも対応しているため安心して利用することが可能です。

ギャンボラを安全に利用するために

ギャンボラを利用すること自体は安全であるとわかりましたが、利用する上で注意しなくてはいけない点があります。

それは確定申告です。

オンラインカジノもパチンコなどと同様に勝ち分が50万円をこえたばあいには確定申告を行う必要性が生じます。確定申告を怠った場合には罪に問われるため、必要最低限確定申告を行うようにしましょう。

まとめ

・現在、日本にオンラインカジノを裁く明確な法律はありません。

・ギャンボラはマルタ共和国のライセンスを取得したGlitnor Services Limitedが運営する信用のおけるオンラインカジノです。

以上のことから、ギャンボラは安心して利用可能なオンラインカジノであると言えるでしょう。

ギャンボラはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ハイローラー

    2021-1-9

    ユースカジノはハイローラー向けのオンラインカジノかどうか調査!

    ユースカジノはハイローラー向けに作られたカジノサイトなのかどうか調査しました。 ユースカジノはハイ…

おすすめ記事

  1. Adventures Beyond Wonderland
    ◎人気スロット◎ 【ユニーク!ヨコっ飛びフリースピン!】 Adventures Beyo…
  2. ユースカジノ
    ユースカジノのVIP制度について詳しく解説していきます。 ユースカジノのVIP制度 VIPに…
  3. Cinderella’s Ball

    2020/12/26

    Cinderella’s Ball

ページ上部へ戻る