アドナン・カショギ

世界には多くのハイローラーと呼ばれる人物がいますが、アドナン・カショギも世界的に有名なハイローラーです。

アドナン・ハーショグジーという名もある人物でもありますが、今回はカジノ界においてアドナン・カショギ氏はどのような人物なのかを紹介していきます。

アドナン・カショギとはどのような人物か?

アドナン・カショギ氏は、1935年7月25日にスペインのイベリア半島で生まれ、父ムハンマド・カショギがサウジアラビア初代国王の侍医だったこともありサウジアラビアに移住し生活をしていました。

後に、大学進学のためにエジプトへと渡りビクトリア大学で学んだあとにサウジアラビアに帰国し貿易会社の経営を行います。

以降はサウジアラビアの武器商人として、貿易関係商社のトライアドの会長兼代表取締役の肩書も持ち、巨万の富を築き上げました。

カジノ界でもハイローラーとして有名

武器商人として、巨万の富を築き上げたアドナン・カショギは、カジノ界においても有名であり、主にブラックジャックとバカラを好んで遊んでいたとされています。

ロンドンのカジノに訪れた際には、毎回ブラックジャックとバカラでハイローラーとしてプレイをしており、その度に数億円のお金が動いていたとされています。

ハイローラーとして勝負をすることからも勝つときには大勝するため、ヒルトンインターナショナルの売り上げ業績が10%以上も下がるといった伝説を残すなどとカジノ界においても大きな爪痕を残しています。

もちろん大敗を喫することもあり、最大で3カ月の負け額として14億円近く負けたともいわれており、勝ち負け両方において豪快な勝負をするのが特徴だったといわれています。

残念ならが2017年に、持病であるパーキンソン病によって亡くなりましたがアドナン・カジョギ氏が残した伝説は今後も語り継がれるでしょう。

まとめ

武器商人として各国を渡り歩く機会も多かったこともあり、多くのカジノを訪れていたともいわれております。

高額の勝負ばかりと、生粋のギャンブラーであったと予想することができますね。

大勝もでき、大負けもするギャンブルの醍醐味を数多く実感した人物だといえるでしょう。

本場のディーラーと対戦するにはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インターカジノ

    2021-3-7

    インターカジノのサポート体制は?

    オンラインカジノで遊ぶ際に、トラブルもなく遊べることが一番ですが何もなく遊ぶことができるということは…

おすすめ記事

  1. カジ旅
    賞金総額 “60,000ユーロ” Playson「Cash Parade」トーナメント が、 カジ…
  2. ライブカジノハウス
    オンラインカジノはインターネット上でのみ行われるギャンブルということもあり、中々企業の所在地に赴く事…
  3. スポーツベットアイオー
    バスケットボールファンの皆様に特別企画! エクストラプライスブーストで、Bリーグの試合で勝利するチャ…

ページ上部へ戻る